奇跡のタイミング


 我家の愛猫ボブちゃんは、血液の成分に問題があり
 止血しにくい体質でした。
 その為、8年も避妊手術が受けられず、2年おきにインプラントを首に挿入していました。
 でも、エコー撮影で子宮を見た結果、子宮が肥大化しており
 別の病気を発症する恐れがありました。

 その、肥大化した子宮のおかげで、炎症を抑えるべく白血球が増え
 血小板の数値も上がったらしいのです。←?

 そこで、開腹手術に踏みきるこ事になりました。

 一昨晩と、昨日の午前中(仕事を休んで)ボブに添い寝して 
 手術の直前まで抱っこしてボブに付き添いました。

 その結果、ボブはbestの状態で興奮する事も無く
 落ち着いて麻酔も順調に効き、止血テストもパスして奇跡のタイミングで
 手術を受けられました。

 麻酔から完全に覚醒する前に攻撃的に成り、その晩から自宅へもどり
 いつものように一緒に寝て
 
 今日の午前中に点滴のチューブを抜きにいったところ、もう、止血状態が悪く

 昨日は、本当に奇跡の手術だったと言われました。

 本人は、もちろん元気で、排便も排尿もすぐにあって、食欲もあり元気です。

 傷もきれいで腫れてもいません。

 長い目でボブの体調を見守り、このタイミングで手術が受けられた事は
 N院長の的確な判断と時の神様のおかげと心から感謝しております。

 それから、秋田から怪しいエネルギーを送ってくださった
 あんだんてさんのパワー

 亡くなった愛猫たちのお墓参りをして、ボブの無事を祈ってくれた妹。

 すべてのご支援の賜物と心から御礼申しあげます。

 奇跡って起こるんですね。科学的な裏づけがあったにしても・・・

 経過が順調で本当に良かったです。

 ありがとうございました。

 ※生物学的な解釈に間違いがあってもご容赦下さい。


 j
[PR]
Commented by escu_lenta_05 at 2009-03-12 21:09
わぁ~、それは辛そうですね。
でも、良かったですね。
Commented by EMY at 2009-03-12 23:21 x
あ〜〜〜良かった〜〜〜(^^)
barber-maryさんも御心配のことだったでしょう。
たくさんの愛情がボブちゃんを守ってくれたのでしょうね。
ボブちゃんにもちゃんといっぱい愛されている実感があるから
きっとポニョちゃんとの関係も上手く行くようになるかも♪
Commented by barber-mary at 2009-03-13 00:53
EMYさん。有り難うございます。すっかりご無沙汰してしまって…
ボブもこれでやっと平穏な日々をおくれるとおもいます。
EMYさんのおっしゃる通りポニョとの関係もよくなるような気がしてきました。happy o(^-^)o
Commented by barber-mary at 2009-03-13 14:14
escu_lenta_05様 いつも、ありがとうございます。
若い猫じゃないだけに心配でした。本当に、良かったです。
Commented by あんだんて at 2009-03-13 15:56 x
怪しいエネルギーが少しでもお役に立てたとしたら(それは怪しすぎるけど)
こんなに嬉しいことはありません。
きっとボブちゃん、もっともっと甘えっこちゃんになりますね。
ポニョちゃんはおっとりのんびりだから、ボブちゃんのことを
先輩として立てていくと思いますよ。
ニャンズ&barber-maryさんが健康ありますように!!
Commented by barber-mary at 2009-03-13 16:14
あんだんてさんも、EMYさんも・・
猫ちゃんの事をよく知り尽くされていますね。
私の今までの猫人生も短くはありませんが、
ニャン娘たちの事、知ってるつもりで何も知らなかった気がします。
ほんとうにあんだんてさんの仰る通りです。
ボブは、以前にも増してべったり。ポニョは、その様子を伺いながら
ボブがいなくなるとべったり。
まるで、その様子が見えているかのようで驚きです。
だから、その愛情が素晴らしい作品を生み出すのですね。
私も、もっと、ニャン娘たちに愛情を持たないと・・・
甘えてくる二人の様子をみていて自分の存在の大きさに気づかされました。
家族なんだなぁと。
あんだんてさんの健康も!作品も!音楽も!いつまでもパワフルでありますように・・・
本当にパワーをいただき、ありがとうございました。
Commented by masagenya at 2009-03-14 02:25
こんばんわ。
無事手術が終わって良かったですね。 自分も犬を2匹飼っていて、去年一匹は虹の橋を渡ってしまったんだけど、ずっと難病を抱えてて、月に一度の注射や健康管理。
手術も・・・一日がとても長い日だったのを鮮明に覚えてます。
頑張ったけどお星様になってしまい、俺はまだその無念を引きずってます。
奇跡・・・本当に良かったですね。
Commented by barber-mary at 2009-03-14 21:49
masaさんの無念はよくわかります。
ボブはたまたま幸運でした。でも、そうでない子もいました。
別れは本当に辛いし、悔いが残ることも…
なにもしてあげられず旅立たせてしまったり、だからボブを飼うときは、まず、かかりつけの病院を真剣に探しました。心から信頼できる先生に出会えた事が今回の奇跡の要因です。だってそうでなかったら、ボブは最初の避妊手術で亡くなっていたかもしれない…
出会いが人生を左右してしまう…
by barber-mary | 2009-03-12 20:46 | | Comments(8)