人生について

ある写真をみて
ふと、自分の人生について思いを巡らせられた。

今の延長線上にしか、私の生きる道はないのだろうか。

それなりにやりがいのある仕事だから
ここまできたら定年まで当たり障りなくやって、続けていくだろう。

土日祝日の2時間は好きな事に費やしている。

歌ったり、絵を描いたり、写真を撮ったり、たまには乗馬にも行く。
家では、猫と格闘しながらピアノを弾いたりもしている。

最近はお弁当作りも楽しんでいる。

幸せなのかなぁ。私?

食べていけて、友人もいて、趣味もあるし、可愛い猫もいる。

両親も妹も元気に働いている。
自分も健康だし
これ以上の幸福はないはずだよね。

そうだよね。愚痴を言ったら罰が当たるよね。

それでも、隣の芝生は青く見えるんだよなぁ。

悲しいね。

b0147203_229689.jpg

[PR]
Commented at 2012-05-11 04:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by barber-mary at 2012-05-11 11:51
カギコメちゃん。
ご無沙汰しております。
コメントありがとう。人生いろいろだわね。。

与えられた人生とはどういうものなのか
未だに受け入れられませんが
与えられた人生だと受け入れちゃえば、
かえって気が楽になるのかもね。
考えても答えの出ない事に思いを巡らせても
仕方ないので、日々、精進するしかありませんね。
がんばっぺ!
Commented by MOONBASE at 2012-05-11 19:11 x
私、有意義な人間であろうと、恰好よい良い人だと言われないとならん、という見栄とまで言われては身も蓋もないけれど普通の病気がちの初老の親父で自分を許そうと思っています。いろんなことやられても満足できていないゴールに先回りして自分を手招きしている自分が別に居るんですよ。いつまでも。
Commented by barber-mary at 2012-05-11 23:50
MOONBASEさん。ありがとうございます。
日曜日まで母と一緒です。日曜日は、母の日ですね。
親にならないと、親の気持ちってわからないものなのでしょうね。
by barber-mary | 2012-05-10 22:14 | 生きる | Comments(4)