肛門腺破裂・・術後 8日目と乳腺腫


  今日のボブちゃん


  元気です。

 
b0147203_20241715.jpg


 キャットニップのおもちゃにうっとり。。

  ご飯もいっぱい食べて・・

b0147203_2025688.jpg


  お膝は独占・・・まったりしています。

 
  早く、カラーがとれるといいね。


b0147203_20253924.jpg



 もうすぐだね。週末には外してもらえるかな?

 
 
b0147203_20261722.jpg



 ボブのお腹に、しこりがあるのに気づいたのは

 一体 いつごろだったのだろう・・


 そんなに時間が経ってはいないとはおもうのですが・・


 しこりが、触ってはっきりわかるくらいだから


 病状は進行しているよね。


 今日は、手術を覚悟して受診をしました。


 でも、副院長のお話は


 腫瘍を温存してサプリメントなどを使って


 進行を遅らせる・・


 良い状態を引き伸ばす?というものでした。


 その間、いいお薬や、治療法がみつかれば


  その時はその時で


  例え、手術が成功しても、絶対、再発しないとは言えない


  それに、手術後亡くなる子も大勢いる。


  術後、いい結果の例があまりない。


  先生のおうちの猫ちゃんも3びきとも


  手術をして1年ぐらいで亡くなっている。


  そんな実体験から


  先生は、手術はあまり積極的にはお勧めできない


  すでに、ぼぶちゃんのお腹には小さな腫瘍が群発しているそうです。


  取り切れるかどうかわからない。


  それより、好きなものを食べて、


  自由な時間とボブちゃんにストレスのない快適な


  環境で生活してもらったほうがいいのではないか


  とにかく、今回の傷が完治して


  元気になったら、レントゲンを撮ってみましょう。



  肺に転移しているかもしれない・・



  1ヶ月に1度は受診して経過観察 


  その都度、対応していくことで


  私は、了承しました。


  ボブは、ほかの人には、なつくような子ではありません。


  私が、絶対的な存在です。


  お母ちゃんだけなんです。


  お母ちゃんと一緒が一番いいのよね。


  これから、どれだけ、ボブと遊べるかな・・


  楽しい時間をすごそうね。001.gif


  前向きに生きようね。


  そしたら、ガンが消えるかもしれない


  癌は「がんもどき」だもんね







  
[PR]
by barber-mary | 2014-06-12 20:59 |