ボブ姉さんの闘病日誌

これは、今年6月3日のボブちゃんの肛門腺が炎症を起こしている時の写真

b0147203_1381596.jpg


この頃、堅い小さなしこりがお腹にあるのに気づいていた。

そして半年がたった。

先月まで毛に覆われていた腫瘍が赤みをおびてその姿を現してきた。

自壊が始まるのだろうか・・

もちろん、ボブ姉は食欲旺盛だし、運動量も体重も落ちていない。とても、元気。

この悪魔を封じ込める事は出来ないのだろうか。

コタツの上掛けに気持ちよさそうに、お腹を出して寝ているボブ

撫でてあげると幸せそうに目を細める。

私には、そばにいて暖めて撫でて遊んであげる事しか出来ない。

悪魔は着実に成長してきている。

しかも、急速に…

b0147203_1381549.jpg

[PR]
Commented by isao1977k at 2014-12-19 16:01
きっと治るって信じようね。
信じてればきっと、治る!
Commented by cherry-317-akemi at 2014-12-19 18:56
なんかせつない気持ちになりました。
できることをできる範囲で無理せず
笑顔で接することが一番のお薬かもしれません。
撫でてあげてる時の気持ちいい表情が想像できます。




Commented by barber-mary at 2014-12-24 10:54
クーちゃん。そうだよね。
最期まで猫らしく生きられる事を諦めないよ。
ありがとう。
Commented by barber-mary at 2014-12-24 10:57
cherry-317-akemiさん。コメントありがとうございます。
ボブちゃんには、こちらが沢山癒されいて・・
塗布しながら、消えろ消えろと念じております。
その時も、気持ちよさそうにしていますが、
いつまでもやっていると叱られます。(笑)
by barber-mary | 2014-12-19 13:08 | | Comments(4)