強いね!ボブちゃん!彼女が猫であることを忘れるな!(ボブちゃんの闘病日誌)

 
  昨夜は一晩じゅう腕枕で寝てくれました。


  嫌なお薬を飲まされ・・服も2重になって   



  すっかり嫌われてしまったかと思ったけど



  朝起きると・・ボブが眠そうにしてた。




  本当に嬉しかった




 気持ちよさそうに



 
b0147203_10225428.jpg




  ベランダでゴロン ゴロン

b0147203_1023297.jpg





 撮られているのは充分意識してくれるボブ



 元気に力強く 興味津々 でこちらを見る

b0147203_10244373.jpg



排尿あり。 食欲有り。 4回目のお薬投与 。


私は、昨日の獣医さんの言葉から
自分にボブちゃんの看病の覚悟ができてなことを痛切に感じました。

点滴を躊躇している場合ではないのです。

こんなに元気になるのだから


獣医さんの指示を的確に施すことが一番の治療法だと確信しました。



たとえ、ボブが抵抗しても、保護服はきちんとして、


油断せず、チェックする。


今朝も、しばらくベランダにいるなぁ


気持ちいいんだろうな・・


と思ったら、両前足がすっぽ抜けていて危ないところでした。


彼女が猫であることを忘れてはならないのです。

 


昨日は、排便のありましたが、ボブは便秘症なのです。

猫の2日に1ぺんは、人間で言うと4日ぐらいに相当するそうです。


あんな状態でも一晩でこんなに元気なるんだ。


私が諦めてどうする!


ボブは、まだまだ大丈夫!


自信をもって看病するのだ。



覚悟!
[PR]
by barber-mary | 2015-06-13 10:38 |