厳しい現実「ボブちゃんの闘病日誌」

今日は、10日ぶりの診察でした。

出血もないし、点滴も順調に打ているし、食欲もあり、お通じもあるし、何より元気

だから、診察に行くのも楽しみだった。

体重も4キロをきっていなかった。

肛門腺も絞ってもらって
院長の診察も受けた

腫瘍に関しては、
「こんなもんだね」
触診
「まだ、動くね。でも、後1、2ミリかな」

後、1、2ミリで筋肉に達すると、バーと広がる…

広がるとどうなるんだろう。

先の事は考えたくない。

点滴を1ヶ月分いただいてきて、次の診察は1ヶ月後だ。

やはり、現実は厳しい。


1ヶ月のあいだに体重が減るようなことがあれば、

すぐに受診する。

癌死より、老衰で亡くなってほしい。

苦しませたくない(;_;)


西に黄金の夕日 東にレインボー

の夕暮れでした。

b0147203_7583274.jpg


希望はあるのか・・

へこたれないけど・・・これぐらいこのとじゃ!
[PR]
by barber-mary | 2015-07-18 23:48 |