顔色が戻った?(ボブちゃんの闘病日誌)

昨日、動物病院を受診
担当の獣医師さんのお休みの日だったのですが、
ボブちゃんのために診察してくれました。

優しい獣医さんに診てもらえる
ボブちゃんて幸せだね。

お母ちゃんも心強いよ!

後ろ足で潰瘍を傷つけてしまい
化膿してしまいました。(>_<)
抵抗力が下がっているからでしょうね。

癌が強くなってしまわないように・・
それだけは、お願いします。


でも、「猫イズムさんの点滴のおかげで、腎機能が正常なので、抗生剤がつかえるから
この子は、飲み薬が苦手だからお注射にしましょうね」
と、予想外のお尻にブチ!
ボブちゃん、思わず、シャー!!

発熱もなく・・・


夕方まで預かっていただき、食事も食べたのですが・・・


ずっと、シャーシャーしていたそうです。(>_<)


でも、元気でよかった・・・(*゚▽゚*)


水をよく飲むので、まだ、水分が足りないのでしょう
と獣医さん。

帰宅後自宅で
点滴を200mlに増やしました。

終えるまでに20分ぐらいかかります。

なんとか、ごまかしながら点滴も出来ました。
ボブちゃん。健気です。




今朝から、ステロイドの注射は量を減らしてブチ・・・
土曜日の朝まで打ちます。

ボブちゃん、お利口さんなんです。

首を、アルコール綿で消毒すると

伏せをして、私はライオンのポーズと呼んでいますが

準備万端!おとなしく注射をさせてくれるので助かります。


私も手馴れたものです。

でも、皮膚を刺す感覚が身についているので

怖い夢を見たりします。

筋肉が落ちてしまった

痩せた首に針を刺すのは

ためらいますが、


ボブちゃんのためなら「えんにゃこら」です。

潰瘍が大きくなっています。

傷口も匂います。

傷を舐めたいのでしょうね。

必死で、前かがみになって後ろ足を舐めています。

b0147203_16454870.jpg



私が、おこたに座って抱っこされるのが一番心地良いようです。


撫で撫で・・ゴロゴロ


ポニョちゃんがヤキモチを焼いて

時々、ちょっかいを出してきます。


だから、私は、二刀流です。(^^)


真っ白だったお鼻も、肉球にも


ピンク色が戻ってきたようです。


顔色が良くなってきたみたいです。


食欲も旺盛なので


もう、危機は脱したのかもしれません・・


まだ、2階に上がる元気はないようです。


お腹が痛いのかなぁ・・・


早く、暖かくなるといいね・・
[PR]
by barber-mary | 2016-03-16 17:05 |