満身創痍だね。(ボブちゃんの闘病日誌)

 点滴を200mlおとなしく受けるボブちゃん。

 昨晩から朝まで一緒に寝ていたボブちゃん。

 暖かかった・・

 朝まで一緒なんて珍しい。


 嬉しい半面、不安な朝を迎えた


 昨日は、心配していた嘔吐もなく


 食欲もあった。


 良いウン※もしていた。


 しかし、ボブちゃんの体の中では、


 肝臓が腫れ、胃には内容物が溜まっている。


 エコーの検査結果は、腸管は広くなったものの


 呼吸器(肺)に転移せず、肝臓に癌が転移した可能性もあるようだ。


 乳腺腫からの転移か腸からの転移かは、穿刺してみないと


 正しい診断はできないらしい。


 それは、今の状態でやってみたところで


 意味がない。獣医さんも奨めない。


 肝臓は痛みがないけど、嘔吐や下痢は辛いから


 両方のバランスをとりながら治療をすすめる。


 腹水はたまったいないとの事


 肝臓以外は、朗報なのだ。


 ステロイドを減らし、肝臓に良い点滴に変える。


 今朝は、大好きなご飯も食べようとしない。


 食欲がないようだ。


 動物病院へ連絡して指示を仰いだ


 まずは、点滴を・・・


 まるで、わかっているかのように、大人しく点滴を受けるボブ


 けなげだなぁ・・


 治療に協力的なボブちゃんだから、また、持ち直してくれると思う。


 もう、末期で終末期のようだ。


 お互い無理はせず、穏やかな時間を過ごしたい。


 いつも、側にいてあげたいけど、それが、十分に出来ない状態が私にはある。


 こうなった時、里親になる資格が最初からないことに改めて気づいたものの


 私の置かれている環境の中で、


 私なりにできるだけのことはしてあげたい。



 他者に迷惑がかからないように・・・(´・ω・`)


 こたつで、あったまっているボブちゃん。


 今夜も、一緒に過ごせますように・・


 


 
[PR]
by barber-mary | 2016-03-27 10:16 |