デリケートなりんご達


私は、本日より仕事はじめです。
年頭にあたり、GAP普及センターよりご挨拶申しあげます。

これまでGAP普及センターが進めてきた
「安全で持続可能な農業生産活動の実践を支援する活動」を
さらに強力に推進するために、
新年早々に「一般社団法人日本生産者GAP協会」を設立します。
人類の永遠の課題である「人間活動と自然環境との調和」を目指す農林水産業を構築するために、
農業における基本的な約束事である適正農業規範(GAP規範)
およびこれに基づく適正農業規準(GAP規準)を策定する活動を行うとともに、
農業現場で行われる適正農業管理(GAP)のあり方との実践に係る
学術的活動およびGAPの普及・啓発活動を行うことを目的とし、
積極的な活動を開始します。皆様のご理解とご協力をお願い致します。
皆様のこの一年が豊かな年になりますように祈念いたします。
※GAP普及ニュース第11号より抜粋

本年もよろしくお願い申しあげます。



《特別寄稿》    『デリケートなりんご達』 
※GAP普及ニュース第11号に寄稿した文章です。

私の購入したりんごは3箱・・
その中の2箱に、写真のようなりんごが入っていました。

b0147203_152647100.jpg

                お尻から腐りが広がっている
b0147203_15273216.jpg

                 熟度が良すぎるための蜜褐変

生産者のお話によると、雨降りの後に収穫して、
りんごに泥がついてしまうと、
こんなふうに腐ってしまうことがあるそうです。


原因ははっきりしていないようですが、
いずれも熟度が良いサンふじに多く見られる現象だそうです。

生産者から消費者にりんごが届くまでに、
そんなに時間がたっていないはずですから
完熟もののリスクもあるのですね。
工業製品ではない生ものですから、それなりの理解はしています。

問題は、贈答用に受け取った方にこのようなものが混ざっていても、
何もクレームがもらえないことでしょうね。

理由も判らず、評判を落とすのは残念です。
生産者の方のご苦労は、消費者の口に入るまで続くのですね。
あらためて、大変だなぁと感じました。


註:りんごの収穫後の腐敗には、フィトフィトラやペニシリウム(青かび)、
コレトトリカム(炭素病菌)などのカビ類が知られています。
ちなみに、野菜の軟腐には、エルビニアという土壌細菌と、
ボトリティスというカビが知られています。

[PR]
by barber-mary | 2010-01-06 15:33 | 農業

うわっ うわっ うわっ!

b0147203_21455382.jpg

b0147203_21455313.jpg

こっこれは…
ただ者ではない!

そうなんです。

もうなが~いお付き合いになる
宇和島の高田農園さんから、贈られた
クリスマスプレゼントなのです。

毎年お世話になった方々へのお歳暮として、高田農園のお蜜柑をお送りしているのです。が

いつも、いつも、お心遣いいただくのです。

感謝しております。

今回のこの不思議な柑橘類は、一体なんて言うものなのでしょう。

“仏手柑”仏様の手の形に似ていることから名づけられたとか
縁起もので、お正月の生花にも使われるようです。

それから紅(レッド)レモン…最初は緑、次に黄 今はレッドになったそうです。

小ぶりなので、カップにすっぽり入り、果汁が多いので、普通のレモンより好まれるそうです。

それから、オレンジ系の爽やかな香りの“はれひめ”

年明けから出荷される予定だそうです。

一口にミカンと言っても産地では、いろいろな種類の柑橘類を作っているんですね。

凄いでしょ。

う~ん。爽やかな香

いただきま~す。

高田さん。
今年も本当にありがとうございました。

記念にパチリと☆

追伸☆きれいな書き慣れた文字で、果物のお話のお手紙が添えられているのが、本当に嬉しいですね。
ご多忙中、ここまでの心のこもった贈り物
嬉しくて

ブログにアップしちゃいました。
[PR]
by barber-mary | 2009-12-25 21:45 | 農業 | Comments(14)

 
 明日から弘前です。

 こちらをご覧下さい。

 b0147203_1154164.jpg

b0147203_1201873.jpg


最初は、もう、びっくりです。すごいでしょ。
石のりんごですよ。
彫刻の技術と、染め、素晴らしいデザインです。
茨城の地場産業・・石材・・とデザイナーさんとの
コラボレーションです。

 18日は、本物のりんごの第1回収獲祭です。

 
b0147203_11582965.jpg


青森りんごグリーントラスト協会

車で弘前まで往復します。
高速料金が安いから・・
紅葉にも期待しつつ・・岩木桜の湯にも入るらしいです。
レポート提出・・・しなければ・・・
お天気だといいですね。

b0147203_16163290.jpg

りんご農家の方々と交流して、自分のりんごの木を決めてくるのかな?

来週、ご報告致します。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-16 16:18 | 農業 | Comments(18)


 こんな運動がはじまっています。

 ☆第一の目標はりんごの木を伐採から守ることです。

青森県津軽地方では、りんごの木が次々と切られています。
立ちゆかなくなった農家が隣接園への虫害を防ぐため自ら伐採しているのです。

☆第二の目標は世界に誇れる美味、見事、安心の食基盤の安定です。

日本の安全で高品質な農産物は、小規模家族経営生産者によって手間と時間がかけられ、
作られています。
しかし、従来小規模家族経営生産者は、作って売るというシステムの中で、
大規模スーパー・流通業者主導による販売リスクと自然災害リスクという二重のリスクを強いられ、
後継者も育たない状況です。

小規模家族経営であるが故に、
ひとたび甚大な被害を受けたならば回復困難な状況に陥り、
その結果ひいては消費者も損をしているという悪循環にあるのです。

そこで、
当協会は「食べる人である消費者が直接生産費用を負担し、
技術・意欲のある小規模家族経営生産者の方々に農産物を生産していただく」
という発想にたどり着きました。

これまでの、オーナー制度や産直販売とは異なり、
今般注目を集めているCSA等(Community Supported Agriculture)も超えた独自のしくみです。

青森りんごグリーントラスト運動とは食べる人である消費者が、
直接その食物の生産費用を負担することで、
消費者が主導的に食文化を守っていく運動なのです。

上記
青森りんごグリーントラスト協会のHPから抜粋

詳細については、青森りんごグリーントラスト協会のHPをご覧になってください。

私達も、参加致します。

b0147203_17115780.gif

[PR]
by barber-mary | 2009-09-10 17:15 | 農業 | Comments(8)

 滝さんの歌う「つがるの故郷」で涙してしまったわけ・・・

 今、私の友人「つがるのりんご農家」は大変な事態に陥っている。

 私の会社も同じだ。

 でも、持続可能な農業を目指すGAP普及の精神は揺るがない。

 この記事は、平成21年9月9日日本農業新聞に掲載されたものだ。

 岩木山に見守られながら、真面目に「りんご」一筋に生きてきた
 
 りんご農家の首を絞める行為を許すことは出来ない。
  
 と私は思った。

b0147203_1220617.jpg

 
 
[PR]
by barber-mary | 2009-09-09 12:21 | 農業 | Comments(10)

季節の果物がキター!

b0147203_21354930.jpg

b0147203_21354997.jpg

おこたにおみかん
冬の風物詩ですねぇ
しあわせ。

仕事柄、各地でお知り合いになれた農家さんから、自慢の農産物を贈っていただける。
この喜び。うひょお~
宇和島の高田農園のおみかん。絶品です。
大小様々な大きさで味が違うから、いろいろ味わっていただきたいと作り手としては思うそうです。
でも贈答品となるとつぶを揃えるもの。それが当り前の事になっているけど、言われてみれば
う~ん。なるほど。
目からうろこ
明日から朝フルはみかんだ!
有り難い事です。
ご馳走になります。
毎日、毎日、本当に
ありがとうございます。絵手紙にも愛がつまっています。

お世話になった方々にお裾分けできます。
うれしい!
[PR]
by barber-mary | 2008-12-19 21:35 | 農業 | Comments(2)