ついに出来ました。

 週末、山梨に連れて行くのです。。

 ギャラリー庵Lysのオープンに ・・

 でも、ちょっと、恥ずかしいなぁ。

 でもでも、心を込めて作りました。

b0147203_21103048.jpg

 
b0147203_20571967.jpg
b0147203_20573479.jpg
b0147203_2057528.jpg
b0147203_2058142.jpg
b0147203_20582977.jpg
b0147203_20584388.jpg

b0147203_2182072.jpg

かわいがってもらうんだよーん。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-29 21:08 | 陶芸 | Comments(26)

 
b0147203_18303718.jpg

b0147203_18305393.jpg

b0147203_18312341.jpg

b0147203_10361920.jpg


お父ちゃんとの共同作陶です。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-28 18:32 | 陶芸 | Comments(12)

 
テノール歌手滝賢一郎さんが歌う

 「津軽の故郷」は最高です。bravo!bravo!

 うん。なんだ・・この唸り声は・・・

 なぜか、津軽から戻ってから、事務所内に唸り声が

 いや・・歌声かもしれない・・

 りんご~の♪

 やめて下さい。”りんご”がかわいそう・・・(泣)

 
b0147203_1945262.jpg
b0147203_195101.jpg
b0147203_1952428.jpg
b0147203_1953575.jpg


私の、心は「のだめ」?
[PR]
by barber-mary | 2009-10-20 19:16 | クラシカル・クロスオーバー | Comments(18)

 
 明日から弘前です。

 こちらをご覧下さい。

 b0147203_1154164.jpg

b0147203_1201873.jpg


最初は、もう、びっくりです。すごいでしょ。
石のりんごですよ。
彫刻の技術と、染め、素晴らしいデザインです。
茨城の地場産業・・石材・・とデザイナーさんとの
コラボレーションです。

 18日は、本物のりんごの第1回収獲祭です。

 
b0147203_11582965.jpg


青森りんごグリーントラスト協会

車で弘前まで往復します。
高速料金が安いから・・
紅葉にも期待しつつ・・岩木桜の湯にも入るらしいです。
レポート提出・・・しなければ・・・
お天気だといいですね。

b0147203_16163290.jpg

りんご農家の方々と交流して、自分のりんごの木を決めてくるのかな?

来週、ご報告致します。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-16 16:18 | 農業 | Comments(18)


 四苦とは・・

 「生・老・病・死」の四つの苦です。

 誰しもが逃れられない人生の苦しみ、
 この世に生まれること・
 年をとること・
 病気になること・
 やがて死を迎えること
 の四つは、避けては通れない肉体的な苦しみを意味しています。

 八苦とは・・

 この「四苦」に、誰しもが経験する精神的な四つの苦しみを足したものです。

 愛する人と別れてしまう(愛別離苦)あいべつりく
 逆に嫌な人と出会ってしまう(怨憎会苦)おんぞうえく
 欲しくて仕方ないのに手に入らない(求不得苦)ぐふとくく
 人間の身体と心を保つため、つまり食べること・思うこと・何かをすることなど
 生きていくために生じる苦しみ(五陰盛苦)ごおんじょうくの四つです。

 この言葉には、まだ、若かったお釈迦さまの人々を救いたいという
 願いが込められてします。

 「なぜ人生はこんなに苦しいんだろう?」 
 「どうすればこの苦しみから逃れられるのだろう?」
 という根本的な問題の原因を細かく分析し、
 考え、答えを導きだしたのが仏教です。

 人は、すごく幸せな事には気づかずに、当たり前と思ったり、
 本当は必要のないものを欲しがったりするものです。
 楽ばかり求めて、苦労から逃れたりするものです。
 
 自分のなかにある原因を尋ねて、それを解決し、
 さとりを目指して歩いて行けば、
 同じ人生であっても、いままでは受け入れられなかった苦しみが癒され、
 安心できる暮らしにかわり、
 苦しみのない仏さまの世界にたどり着けるというのが、

 この、「四苦八苦」に込めれているのです。

 「四苦」と「八苦」は、ただ、苦労を数重ねてるように使われていますが、
 こんなお釈迦さまの願いが込められていたのですね。

                     ともしび 平成21年秋第17号より抜粋
[PR]
by barber-mary | 2009-10-16 12:39 | カルチャー | Comments(2)


 敬愛なる方からの・・「やさしさについて調べてみたと」

 のレクチャー・・???

 君たちがやたらに「優しい方」とか「やさしい」とかを列記しているが

 やさしいってどういう事なのだろうね。

 というわけで、昨日は、こちらの本を声を出して読みました。↓

b0147203_1314375.jpg

仏教が言いたいのは、「生命の法則を理解して、
自然に生きなさい。
よけいなことを考えるなよ」ということです。
これだけで人間が救われる道を示しているのです。
だから私たちが、エゴを張らずにいつも自然に
生きているなら、素晴らしい社会なのです。
わざわざ「やさしさ」を振り回す必要はありません。
本当のやさしさは、自然でいることなのですから。
本文より


私たちは「やさしさ」を求めて、お互いに傷つけあって
苦しんでいます。
けれど本来、その必要はないのです。
エゴをなくせば、自然の流れで生きていけます。
だから、「もっと欲しい。もっと、もっと」
と、暗い欲に苦しむ事はないのです。
すべての生命はつながっていて、お互い様で生きています。
その「生命のネットワーク」が「本当のやさしさ」なのです。
本文より

アルボムッレ・スマナサーラ

「生きとしいけるものが幸せでありますように」
心のなかで繰り返し唱えます。


 
[PR]
by barber-mary | 2009-10-15 17:10 | カルチャー | Comments(4)

 第3回小川芋銭展のお知らせ

 11月7日(土)~23日(月)
 開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は、午後4時まで、最終日は、午後3時まで)
 会場:シャトーカミヤ本館2階  
 
 新発見「河童百図」と門外不出芋銭スケッチ帖のすべてⅠ

b0147203_1881053.jpg


会期中無休、入場料:無料
「芋銭を学ぶ会」会員によるギャラリートーク
土曜・日曜・休日の午前11時~、午後1時30分~

 今日は、上記、芋銭展図録作成(一部校正担当)のため、小川芋銭研究センターを初めて訪問した。
 
 
b0147203_1865083.jpg
b0147203_1871094.jpg
b0147203_1872821.jpg
b0147203_1874584.jpg


私の作陶したプレートが飾られている。
しかも、玄関に・・・・
芋銭さんの作品と一緒に
なんて光栄な・・

わたしは、芋銭さんが大好き。

知れば知るほど・・ファンになる。何故なのだろう・・

皆さんも、会期中会場に足をお運びください。

惹かれるものが、必ずあります。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-13 18:14 | カルチャー | Comments(10)

お母さんていいなぁ

甘えっ子ポニョたんは
ご飯の時は、抱っこが大好き…
だから、抱っこ
おかげで私の食事はいつも中断

でも、ポニョたんを抱っこしていると、温もりが伝わって来て何とも心地よい
「ふんふんポニョたんポニョたんは♪」
と子守歌を歌いながら

赤ちゃんてこんな風なんかなぁ

お母さんていいなぁ
って思いました。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-09 23:19 | | Comments(4)

自分を苦しめず
また他人を害しない
ことばのみを語れ
これこそ実に善く
説かれたことばなのである

自分のちょっとした一言が誤解されて、後悔した経験は誰にもあるのではないでしょうか
或いは、自分が掛けられた言葉を不快に感じ、いつまでもとらわれてしまうこともよくあるこです。
言葉というものは難しいものですね。
反面、言葉は素晴らしいものでもあります。
時にその一言を発することによって、人を救い、助ける力を持つこともあれば、
その一言によって、自分が励まされ、今日この日を生きていく勇気をいただくこともあります。
今、この時、この人にどのような言葉を用いるべきなのか。
迷った時に思い出したい、お釈迦様のことばです。

禅の友 より 抜粋

私には有り難い救いのことばです。でも、本当に難しい
[PR]
by barber-mary | 2009-10-07 23:31 | カルチャー | Comments(10)

b0147203_14285953.jpg

b0147203_14291382.jpg

b0147203_14293798.jpg

b0147203_1430068.jpg


チャンプ公平
やった(^_^)v
激闘を制し、優位な試合運びだった\(^ー^)/


防衛おめでとう!


最後まで素晴らしいファイトでした。
[PR]
by barber-mary | 2009-10-03 21:25 | ボクシング | Comments(0)