<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一年ぶりの灯り創作

b0147203_23191349.jpg

b0147203_23191380.jpg

b0147203_23191326.jpg

昨年のナイトライトはスワン
今年は、亀

ハンダづけさえ、ようりょうを得ない

一年のブランクはおおきいなぁ

なんか、猛烈にテンションが下がってる

何でだ?
[PR]
by barber-mary | 2009-11-29 23:19 | 照明 | Comments(6)

とりがなく ねこもなく


 とりがなく ねこもなく
b0147203_13164785.jpg


 とりがなく 2匹そろって ねこもなく
b0147203_13172599.jpg


 とりがないてるの。 うん。
b0147203_13181085.jpg


 とりがなく ねこがおう
b0147203_13183526.jpg

[PR]
by barber-mary | 2009-11-26 13:19 | | Comments(15)

太陽に目がくらんだ もぐらくん

心の目まで病んでしまいました。

そこへ、女神Kuがやってきて

もぐらはもぐらでいいんだよ。
自由に生きればいいんだよ。

と言葉をかけていきました。

もぐらくんは、驚異的な回復力で、元気になっていきました。

もぐらくんは、耳をすまして聴きました。

天使の歌声を…

もぐらくんの目は暗い土の中でも、何でも見えるようになりました。

耳も言葉を聞き分けるようになりました。

もぐらくんは、大きく成長し、

土を暖めてくれるお日様にも、
女神Kuにも感謝の気持ちを忘れず、自分の生き方を大切に自分を大切に
隣人を大切に
ありがとうを忘れずに

もぐらくんは、もぐらくんらしく生きていこうと
自信が持てました。
自分の居場所があることを
自分を愛してくれる存在を
自分の仕事があることに改めて気づきました。

もぐらくんは、もう、大丈夫!

めでたし
めでたし
[PR]
by barber-mary | 2009-11-23 11:47 | | Comments(12)

独り想い

b0147203_20334458.jpg

自分に
さようならは言えません。
けれど、あなたになら言えるわね。
ひとりだけのさようなら
あなたは、何もしりません。
私だけのさようならだから
[PR]
by barber-mary | 2009-11-21 20:33 | | Comments(0)

私の心

 あなたは、私におっしゃった。

 わかっているよ と おしっしゃった。  b0147203_1974097.jpg

 どうして私の心がわかりましょう。

 わかるはずがありません。

 わたしは、そんなおはなしを

 お庭の小さなお花にも

 楽しくさえずる小鳥にも
 
 いちどもはなしたことはありません。

 どうして私の心がわかりましょう。


b0147203_17101035.jpg


 心の家族からの贈物・・
[PR]
by barber-mary | 2009-11-20 18:51 | | Comments(4)

古書に凝ってます。


 ついに入手しました。

b0147203_185343.jpg


  小川芋銭 明治41年6月 最初の著書 「草汁漫画」(日高有倫堂)を刊行 の

  もちろん復制版です。昭和51年5月25日発行 

 日本童謡集 上級用 小学生全集48巻 昭和2年8月20日発行
 西條八十編
 
 童謡作家名
 泉 鏡花 小川 未明 金子みすず 竹久夢二 野口雨情 佐藤八郎 山村慕鳥他

 2編ご紹介します。


b0147203_1826582.jpg

b0147203_18262154.jpg

 お 魚

 海の魚はかはいさう。

 
 お米は人につくられる、
 牛は牧場で飼はれてる、
 鯉もお池で麩を貰ふ。
 けれども海のお魚は、
 なんにも世話にならないし、
 いたづら一つしないのに、
 かうして私に食べられる。

 
 ほんとうに魚はかはいさう。

 (金子みすず)
b0147203_183562.jpg


お魚のイラストはisao様からご提供いただきました。
ありがとうございます。



青い眼の人形

 青い眼をした
 お人形は
 アメリカ生まれの
 セルロイド。

 日本の港へ
 ついたとき
 一杯涙を
 うかべてた。

 「わたしは言葉が
  わからない
  迷ひ子になつたら
  なんとせう」

 やさしい日本の
 嬢ちゃんよ、
 仲よく遊んで  
 やつてくれ。

 (野口雨情)


 とても切ないです。mary
[PR]
by barber-mary | 2009-11-19 18:38 | カルチャー | Comments(2)

ゆたんぽ

 ゆうべ ゆたんぽ入れたよ。

 何十年ぶりだろう・・

 おかあちゃんが入れてくれたのかな・・

 おばあちゃんがいれてくれたのかな・・

 じぶんで入れたのは、初めて・・

 あったかいね。

 ゆたんぽってこんなにあったかいんだ。

 朝になってもほかほかだから

 猫のこたつにお座布団でかぶせてきたよ。

b0147203_147353.jpg


 ゆたんぽは あったかいね。
[PR]
by barber-mary | 2009-11-18 10:50 | | Comments(5)