おはよう!ボブ!朝だよ。良かったね。



 
b0147203_83524.jpg




 
b0147203_84966.jpg



 
 昨夜は、暗いところにボブちゃんが行ってしまったかと探しましたが



 私のベッドに潜っていました。嬉しかった。ヽ(;▽;)ノ



 夜・・8時前でしたが私も一緒に寝ちゃいました。


 でも、ボブちゃんはまだベッドから降りて、横なってしまうので


 私は、ゆっくりバスタイム・・ボブちゃんは下りてきませんでしたが・・


 それから、就寝しました。


 ボブちゃんの行動を自由に見守ることにしました。



 明け方の4時頃だと思います。



 気配を感じて、見ると、ボブちゃんがベッドの下に居ました。


 
 上げれないんだなぁと思い、抱き寄せて一緒に寝ました。



 お鼻をツンツン当ててきて、甘えてくれました。



 可愛いお顔で・・もう、パーフェクト!!



 少し、お尻が濡れていたのでどこかでしちゃったかなぁ



 と思いましたが・・下のおトイレまでおりてシートにちゃんと用をたしていました



 あっぱれです。!!



 今朝は、お風呂場でお水も飲めました。



 そして、階段を上がって行きました。



 見つかっちゃった。って感じです。

 
b0147203_85659.jpg




 
b0147203_852369.jpg

 
 休憩してるのかなぁ


 一人になりたいの?


 
b0147203_861970.jpg



 ボブちゃんの行動を目で追って教えてくれるのはポニョちゃんですよ。


 今日も一日ボブちゃんにお付き合い



 嬉しい (*≧∀≦*)
[PR]
# by barber-mary | 2016-04-14 08:10 | | Comments(0)


 昨夜は、爪とぎもして、お風呂も一緒に入って(蓋の上ですが)


 2階のベッドまで自力で上がって、腕枕ですやすや眠って



 ピクピク熟睡していたボブちゃん。



 浅い呼吸がいつ止まってしまうかと思うと・・・・涙が出ちゃいました。


 お布団の中で失禁しちゃったけど・・


 お母ちゃんも気がつかなくて、よく眠っていたのかもね。(>_<)


 
 しかし、これは、熟睡なのか、昏睡なのか・・わからないよ・・



 でも、立って歩くような気がするんだけど・・(*゚▽゚*)



 ほら!歩いた やっぱり



 おはよう。ボブちゃん。



 
b0147203_13315350.jpg




 お水が飲みたいんだね

 
b0147203_13322270.jpg



 飲みたいんだけど・・飲む元気はないのです。


 獣医さんにボブちゃんの容態を話して、



 連れて行くのは覚悟がいるかもと



 それなので、私が点滴とステロイドの注射をすることにしました。



 動物病院まで取りに行って、これからボブちゃんの身に起きること


 伺ってきました。



 肝臓の癌が広がっているので、だるい。その上、貧血も進んでいるので



 眠ってしまうことが望ましい。熟睡の延長線上に昏睡がある



 そのためにもステロイドは欠かせない。肝臓の癌を抑制する。



 そうしないと吐血して苦しむ



 頭の神経に来ることは、考えづらい・・



 バスタブに乗ったり、爪とぎをすることから



 内蔵の痛みはないし、丸くなって寝ることから胸水も増えていないので


 苦しくないようです。



 ボブちゃんは幸いも「死」に対する恐怖を感じていないのだろう



 今しかないから。生きることしか考えていない。



 というか、何も考えていない。



 彼女は、ポニョちゃんのようにビクビクしないし



 
 立ち直りが早い、いつまでも、あとに引かない




 ボブちゃん幸せなのよ・・と獣医さん。



 飼い主さんにめてもらえるしね。嬉しいのよ。



 それでも、肝臓次第だけど、一両日がのるかそるか。


 
 うーん。そうか。ボブちゃんのように生きたいなぁ・・



 点滴を終えたボブちゃん。



 死相感がなく、普段通りに過ごしているボブちゃん。



 特別、頑張ってるいる風もなく



 この子が逝ってしまうなんてどう見ても思えなのだけれど・・


 
b0147203_13484954.jpg



 
b0147203_1349468.jpg



 
b0147203_13491819.jpg



 
b0147203_13493377.jpg




 
b0147203_13494647.jpg




 
b0147203_1350633.jpg

 

 今日もお母ちゃんは傍に居るよ。



 コタツの中で、私の足を枕にしてすやすや眠っています。
[PR]
# by barber-mary | 2016-04-13 14:08 | | Comments(2)


 外は、冷たい風が吹いていたけど 太陽の日差しは暖かかったね。


 一日中日向ぼっこできて良かったね。


 
b0147203_1819599.jpg




 
b0147203_18201539.jpg





 
b0147203_18202989.jpg




 
b0147203_18204890.jpg




 
b0147203_1821391.jpg





 
b0147203_18212996.jpg



 今日は、ボブちゃんの主治医の獣医さん。午後からお休みだったんだね。



 でも、院長先生に、ステロイドと吐き気止めのお注射を打ってもらいました。



 体重が減っていたね。



 腹水が減ったのかな・・食べていないから痩せたのかな



 昨日の厳しい状態にあるという獣医さんの言葉・・



 もう、てっきりダメだと思った。



 今日は1日そばにいてあげてください・・だったから



 あれ?私の早合点?



 看護師さんに「そんなこと言ったらダメじゃないですか」と言われて



 あれ?そうなの・・まだ。大丈夫なんだ・・やだー!!



 覚悟しちゃったよ・・ごめんなさい。ボブちゃん(>_<)



 お母ちゃんの早とちりでした。



 一番いいのは、お母さんと一緒


 
 そうだよね。でも。仕事はどうするの



 これからどうすればいいの



 何がボブちゃんに起きて、その時私はどうすればいいの



 腹水が減った、肝臓の機能が回復するの?



 あーどうなるの



 とにかく先のことを考えても仕方ないから



 ボブちゃんの頑張リに気長について行こう


b0147203_18214169.jpg




b0147203_18215269.jpg



 まだ、自力で動けてるんだからね。ごめん。ごめん。ごめんよ。
[PR]
# by barber-mary | 2016-04-12 18:24 | | Comments(2)


 新しい朝を迎えられたよ。ボブちゃん。良かったね。



 昨晩は、本当にいい時間を過ごせました。



 ボブちゃんが、バスタブの蓋の上で寝ていたので



 昨日は寒かったからね。あったかいんだから・・



 真ん中の蓋だけ外して、ボブちゃんと入浴



 久々にボブちゃんがクンクン匂いを嗅いでくれました。


 お鼻で(*´・з・`*)チュッ♪



 「ボブちゃん。おやすみ。また、明日ね!」



 って言って2階に上がった私・・私も寝ないと体が持たない。と自分に言い聞かせ



 ボブちゃんは大丈夫!そう信じて眠りました



 何時頃だろう・・ちょん ちょん と誰かが肩をつつくのです



 えっ!ボブ!えっう。お入り・・お入り



 なんと具合が悪くなってからベットに入って来なかったボブちゃんです。



 何日ぶりだろう。ボブちゃんが一緒に寝てくれました。(((o(*゚▽゚*)o)))嬉しい・・



 なんて親孝行な・・



 夢かと思いました。夢じゃない・・



 そして、4時頃 茶色い胃液を嘔吐




 しばらく、なでていましたが、うとうとしている間に



 ボブちゃんが居ない・・



 下へ降りてみるとお風呂場にちょこんとしていました。



 そして、トイレにオレンジ色の濃いおしっこをしていました。



 すごい!自力で頑張っている。階段昇降


 トイレ、きっと、お水を飲もうとしていたんだろうな・・お風呂場で



 ボブちゃん。生きたいんだよね。死にたくないよね。



 わかった!今日も動物病院へ夕方行こうね。



 昼間は、お日様の下でゆっくりしてね。




 
b0147203_10214748.jpg

[PR]
# by barber-mary | 2016-04-12 10:30 | | Comments(2)

 
 朝は本当にびっくりするほど、元気オーラが出ていたボブちゃん。


 朝6時に私が起床 ボブちゃんも起きていて目があった


 目力があったので、おおお元気だね



 とっと階段を下りていき、尿を放出 オレンジ色のヘ特殊な尿だったけど



 ボブは、水を飲みにお風呂場へ



 よし!昨夜点滴して良かった!



 胃のお薬も飲んでもらおう。



 そして、私は、もう少し寝ようとベットへ



 下から勢いよく爪を研ぐ音が聞こえてきました。


 まだ、大丈夫!と確信しました。



 休診だけど、ボブちゃんは診察していただきました。



 有難いです。



 ボブちゃんの容態はあまりよくありませんでした。


 貧血と黄疸が進んでいました。


 痩せてるのに体重が減らない



 腹水が溜まっていて、点滴を吸収できない


 
 尿をしたシートを持って行って診てもらいました。



 肝臓の癌が広がっているようです。



 もう、点滴は出来ないと診断され、むくみで苦しくないように利尿剤


 ビタミン剤、ステロイドの注射を打っていただきました。



 胃のお薬も点滴に入っていたので、飲ませなくてにもいいでしょう。



 一連のボブちゃんの動きを獣医さんにお話しました。


 獣医さん曰く「動物は、人間のように余計なことは考えていない。生きることは本能だから


 生きる事に真剣だから」



 だから、大きなお腹をしてふらふらなのに、自力で頑張れるんだ



 今日は、1日付き添ってあげて下さいと獣医さんから



 「明日、診せてください」。という言葉は聞けず



 「また、会いましょうね。ボブちゃん、今日も可愛いお顔して


 本当に偉いね」っておっしゃっていただいたので、



 先生に何度もお礼を行って帰って来ました。


 
 ボブちゃんは、日向ぼっこを始めました。


 
b0147203_21241346.jpg




 それから、2階に上がって、ムートンの上におしっこ



 それは、綺麗なおしっこでした。



 それから、ずっと、寝床で排尿してしまい



 隠れてしまうようになったので、下に連れてきて



 寒いのでおこたの中に入れました。



 久々に膝の上にのってくれました。



 それからは、トイレに行って排尿



 お風呂場に行って水を飲んだのかなぁ



 今もこたつの中で眠っています。



 時々、こたつから出ては、横になり、お風呂場に行きます。



 これから、容態がどうなるのか心配です。



 幸い嘔吐と痛みはないようです。



 良かった・・・



 


 



 



 
[PR]
# by barber-mary | 2016-04-11 21:39 | | Comments(2)